徳島県伝統工芸「大谷焼」|渋谷ターンテーブルにて

徳島県の伝統工芸品をご紹介させていただきます。

大谷焼について

大谷焼とは?

大谷焼(おおたにやき)は、徳島県鳴門市大麻町の名産品で、県を代表する陶器です。
大谷焼の特徴は、素朴な風合いを醸し出す土と、「寝ろくろ」に代表される製法にあります。土は、地元の「大麻町萩原」で採取される「萩原粘土」やそれと同等の粘土が使われています。鉄分が多く含まれており、ざらつきが感じられる風合いと、かすかな光沢を放つ質感が、多くの人々に親しまれています。

歴史について

江戸時代の後期、1780年(安永9年)に、当時の豊後国(大分県)から焼き物細工師・文右衛門が、現在の鳴門市大麻町である「大谷村」を訪れ、ろくろ細工によって赤土で陶器を製作したことが始まりだと言われています。
1781年(天明元年)には、陶器に興味を覚えた11代藩主・蜂須賀治昭公の命により、村内に藩営の窯「藩窯(はんよう)」が築かれ、阿波国(徳島県)では初の染付磁器が製作されました。しかし、原材料費がかさみ、3年後には一旦窯が閉鎖されました。
1784年(天明4年)になると、藍商人の賀屋文五郎(笠井惣左衛門)の働きによって、村内に「連房式登窯(れんぼうしきのぼりがま)」が、日用品用陶器を焼く「民窯(みんよう)」として築かれました。
この登り窯で、信楽焼の職人を雇って技術を習得した「納田平次平衛」を中心として、陶器の生産が開始されたことが、現在の大谷焼の原型とされています。

Turn Table内の大谷焼について

徳島県の魅力を発信する渋谷の「Turn Table~ターンテーブル~」内には、工芸品である大谷焼を【手洗い場】にて使用しております。
VIPルームにはもちろん、1階や2階にも使用しております。

当施設内の大谷焼は、徳島県で数ある大谷焼の中でも、「森陶器」様に依頼をさせていただいております。

当店ご利用の際に、徳島県の工芸品に触れていただければと思います。

営業時間短縮のお知らせ(12月18日~1月7日まで)

いつもご愛顧いただきありがとうございます。

新型コロナウイルスの感染拡大防止に伴い、東京都の営業時間短縮要請に従い、
【12月18日(金)~2021年1月7日(木)】の期間を、
Lunch 11:00~15:00
Dinner 18:00~22:00(L.O.21:00)
とさせていただきます。

皆さまにはご不便・ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解・ご協力の程、よろしくお願い申し上げます。

2020年クリスマスコースのご案内|渋谷でクリスマスパーティーなら「ターンテーブル」へ

2020年のクリスマスコースのご案内です。

■ご入店時間■
利用可能期間:2020/12/21~2020/12/26
※12月24日~12月25日のみ、お席は2時間制となります。

・1部 18:00~20:00
    18:30~20:30

・2部 20:00~22:00
    20:30~20:30

■注意事項■
※食材の入荷状況により、メニュー内容が変更になる場合がございます。

クリスマスコース 6,000円(税別)

<内容>
【スパークリングワイン付き】
・オーガニック野菜とキヌアのサラダ
・ズワイ蟹とアボカドのタルタル
・すだち鰤の炙りカルパッチョ
・徳島産 伊勢海老の濃厚クラムチャウダー
・阿波牛フィレステーキ 特製赤ワインソース
・天使海老のクリームフェットチーネ
・すだちシャーベット

ご予約はこちら

クリスマスコース 10,000円(税抜き)

<内容>
【スパークリングワイン付き】
・雲丹とイクラの冷製
・ズワイ蟹とアボカドのタルタル
・霜降り阿波牛のカルパッチョ
・徳島産 伊勢海老の濃厚クラムチャウダー
・阿波牛フィレ肉とフォアグラのロッシーニ
・トリュフと3種のチーズ 自慢の生パスタで
・すだちシャーベット

※デザートのすだちシャーベットは+2000円でクリスマスケーキに変更可能

ご予約はこちら

営業時間短縮のお知らせ(11月28日~12月17日まで)

いつもご愛顧いただきありがとうございます。

新型コロナウイルスの感染拡大防止に伴い、東京都の営業時間短縮要請に従い、
【11月28日(土)~12月17日(木)】の期間を、
夜22時までの営業とさせていただきます。

皆さまにはご不便・ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解・ご協力の程、よろしくお願い申し上げます。